~祝!ブログ開設20日で1万アクセス突破~

横浜で評判のおすすめロゴマーク・ロゴデザイン制作業者ランキング

「横浜でロゴ制作をお願いしたいけど、どこが良いのかわからない……」
――そう思っているあなたへ。

ある程度デザインを習った人でないと、どんなロゴが良いものなのかわかりませんよね。

そこで、プロのデザイナー兼マーケッターである私が、横浜にあるロゴ制作業者を23社比較しました!

そのなかで本当におすすめできる業者を厳選した結果、3社が残りました。

ロゴのデザイン性だけでなく、料金や納期、口コミやマーケティング効果まで!
しっかりと総合的に判断しておりますので、ご安心ください。

横浜でロゴ作成を依頼するならここだ!人気のロゴマーク制作会社3選|格安からデザイン賞受賞まで

1:Watermelon

グラフィックデザイン歴29年のデザイナー、Watermelon氏のロゴ作成が飛び抜けて秀逸です。

これに関しては、下手な説明よりも受賞歴と制作実績を見てもらったほうがはっきりとわかるでしょう。

<制作実績>
山崎まさよし、氷室京介、嵐、KAT-TUN、SPEED、シアターブルック、BoA、エグザイル等のCDジャケット、笑福亭鶴瓶、フジロックフェスティバルのグラフィック、ダフトパンク、ボンジョビ、TLCなどのライブグッズ、BEAMS、UA、MONCLER、DUVETICA、repetto、BIRKENSTOCK、伊勢丹新宿店などのファッションビジュアルを担当。ライフスタイル誌、書籍のエディトリアル、某有名コーヒーショップのパッケージも多数こなす。
● 第15回全日本DM大賞にて銀賞受賞(BEAMSカタログ)
● 2007年 3th Japan POP Festivalにて銀賞受賞(adidas広告)
● TOP AWARDS ASIA 2017にてDesign賞(ワインラベル)

ロゴは、ただオシャレなだけではだめです。

ブランディングの向上と、それに伴うマーケティング効果を狙えるものでないと、ただの自己満足に終わってしまいます。

一方、マーケティング効果を得られるロゴマークがあれば、たとえ初期費用はかかっても恒久的な収益UPにつながりますので、結果として得られる利益の方が大きくなります。

Watermelon氏のロゴはデザイン主体の賞のみならず、全日本DM大賞やJapan POP Festivalなどのマーケティングを主体とした賞でも受賞を果たしており、その効果が十分に認められます。

なにより制作実績にある名だたる著名人がそれを証明しているでしょう。

ロゴマークを頼むなら、間違いなくWatermelon氏です。自信を持ってオススメします。

Watermelon氏にぜひお願いしたいならこちら

2:パンフレット専科

このご時世に企業や事業体である以上、そのシンボライズされたロゴマークがないケースは皆無とも言えるくらい、企業のシンボルとしてロゴマーク制作は浸透しています。

その意味するものは、組織の構成員たる社員や外部に向け、認知させ、識別させる御旗として、社員はその御旗の下に帰属意識を持ち、第三者にはその存在を顕示させます。

企業理念・哲学、事業ビジョン、ステークホルダー、ブランドイメージ、市場等々表には可視化できないその企業を表す潜在性、また企業を取り巻く環境や要素を、明確なシンボルマークとして物理的に可視化する、そんな役割を果たすのが「企業ロゴマーク」「企業ブランディング」といえます。

弊社ではこのようなミッションやプロセスを踏まえた企業のロゴマークのデザイン制作を、企業や事業主、経営層の方々の想いやスピリッツを、最適にシンボライズさせ、企業ブランディングを確立させます。

3:ヨコハマデザイン株式会社

企業のポジションを確立してブランドをつくり「心理的価値を生み出すこと」は、これからの経営にとって必須の課題となっています。現代人が求める価値は、物理的なモノから心理的なコトへと移行し、モノ本来の価格を超えたところにある体験的・心理的な価値を求めるようになりました。

「デザインと経営」は、相乗効果を生み出し会社の業績を飛躍的に向上させます。
弊社では、単なる「デザイン制作」に留まらず、様々なアプローチで企業や団体のブランド価値を高めることをお約束します。

優れたロゴデザイン制作事務所の見分け方|オリジナルロゴをオーダーメイドする前に

優れたロゴデザイン制作業者は、その道のプロでないとなかなか見分けることが難しいですよね。

しかし、ここではそうでない人でもカンタンに見抜ける裏技をご紹介します。

それは、「実績」と「受賞歴」を見ること。

 

簡単な理屈ですが、

優れたデザインを制作しているのなら、必ずどこかで評価されて賞を取っているはずです。そしてその賞を与えている人や団体は、当然ながらその道のプロ中のプロです。

だから、自分で見抜かなくても、その道のプロがお墨付きを与えているのが指標になるんです。

 

もう一つの指標が、実績です。

賞はともすれば「デザイン性のみ」を評価される場合もありますが、発注者がロゴマークに求めるのはデザインのみならず、わがままと言われようがマーケティング効果もほしいところです。

そこで、「制作実績にある人たちは、実際に売れている人なのか?」といった視点が有効になります。

もちろんその人たちが売れているのにはロゴマーク以外の要素もありますし、なんならロゴマークの要素はそこまで強くはないでしょう。

しかし、売れている人には「売るための嗅覚」あるいは「センス」を持っている人がほとんどです。そんな人たちが選んだロゴデザインの制作者であることが、信頼できるなによりの証拠です。

 

もし、あなたがどの業者に任せれば良いかわからないのなら。後悔したくないのなら。

実績のあるデザイナー・Watermelon氏にロゴ作成を任せることを推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました